あなたもストレスのない「幸せな人生」を送りたいと思いませんか?

30年前の春、二人の若者が同じ大学を卒業しました。

彼らはとてもよく似ていました。

二人とも平均的な学生より成績がよく、人気者で、将来に対して希望も持っていました。

 

最近、この二人は同窓会に参加しました。

 

彼らは相変わらずとてもよく似ていました。

二人とも結婚をして、子供が2人いました。

さらに、わかったことですが、二人とも卒業後は同じ業界に就職し、
大企業の幹部になっていました。そして、今もそこで働いています。

 

しかし、違いもありました。

 

一人は仕事に忙しく、常に強いプレッシャーとストレスにさらされおり、
いつも心が休まることがありません。


家族と過ごす時間も少なく、家族仲も良好とは言えません。

ため息がもれることが多く、心配や不安の種は尽きません。
表面上は、平静を装っていまたが、その心は疲れ切っていました。

 

しかし、もう一人は、仕事からのストレスなど感じることなく、
家族仲も円満で、人生に喜びを感じ、幸せそのものでした。

何が違いをもたらしたのでしょうか?

人生で「何が」このような違いをもたらすのかを考えたことはありますか?

その違いは、持って生まれた性質、才能、または懸命な努力によって生じるとは限りません。


実際に二人はよく似ていました。

そして、二人とも努力を惜しみませんでした。

 

一人が幸せを望み、もう一人が幸せを望まなかったわけでもありません。

 

その違いは、「どうすれば幸せになれるのか」、「何が幸せをもたらさないのか」という
知識を持っていたか、そしてその知識を活用したかという点から生じたのです。

 

あなたに対して「幸せな人生を送る方法」についてご説明するのはこういう理由からです。

 

この「幸せな人生を送る方法」は、あなたに知識を、
それも「幸せな人生を構築するために役立つ」知識を提供するのが目的なのです。

 

どんな情報が必要か?

それでは、どんな情報を知り、それをどのように活用すれば、
本当に幸せな人生を送ることができるのでしょうか?

 

今の時代は、情報を知りたかったら、まずインターネットで調べる人が多いです。

 

幸せになる方法もインターネットで検索すれば山のように出てきます。

 

「一瞬で幸せになる方法」

「***するだけで幸せになる」

「幸せになるための**つのコツ」

 

インターネット上にはこのような情報は、無数に溢れかえっています。

 

インターネット上にある情報は、数がとても多く、ありとあらゆる方法が書いてあり、
どれが正しいかを判断するのは至難の業と言えます。

 

例えば、一方では幸せになるには△△△をするべきと書いてあり、
もう一方では幸せになるためには△△△を手放すことと書いていたり、
全く正反対のことが書いてあったりすることもあります。

 

調べた情報を選別して、実際に試してみて、効果の有無を確認するのには、
多くの時間と、大変な労力が必要になるでしょう。

 

情報過多の今日では、何を選ぶかがとても重要になります。

 

初めから、効果が出る方法だけを選ぶことがでば、得たい結果がすばやく得られます。

それだけでなく、多くの時間と労力が節約できることでしょう。

 

なぜ、あなたも「幸せな人生を送る」ことができるようになるのか?

どこかの誰かが、幸せになれた方法をあなたが知っても意味がありません。

なぜなら、たまたま、その人には合った方法だったのか、タイミングが良かったのか、
運が良かったからか、色々な要素が重なったからか、そこには不確実性の要素が多く存在するからです。

 

例えば、日本人が全員参加する「じゃんけん大会」が開かれたとします。

一対一で、じゃんけんをしていけば、最終的には、誰か一人が優勝します。

 

言うまでもなく、じゃんけんは「運」によって左右されるので、
その優勝者が「じゃんけん大会に優勝する方法」を出版したとしても、
それは、次回のじゃんけん大会に優勝するためには全く役に立ちません。

 

しかし、人間は出来事に、何かの意味や因果関係を見つけたがる傾向があります。

 

なので、優勝者は、優勝できたのは、運だけではなく、
他に何か特定の要素もあったのだろうと原因を探そうとします。

 

その結果、本来意味のない所に、意味を見出してしまい、
「じゃんけんを出すときに、息を止めていたことが勝ち残れた秘密である」などと、
語り出す傾向があるのです。

 

これは、じゃんけんで優勝できたのは運によるものだと分かっているので、笑い話に思えます。

しかし、これが、株で大儲けをした人とか、事業で成功した人とか、
幸せを手にした人の話ならどうでしょうか?

 

その人がうまく行った方法は、他の人も同じように
うまくいくかもしれないと思うのではないでしょうか?

 

一人の人が、大儲けをしたり、幸せになったとしても、それは偶然性が大きく働いていて、
何が幸せをもたらしたかを特定するのは難しいのです。

 

その方法を他の人が真似して、同じ結果が出るかと言えば、
出ない可能性の方が高いでしょう。

 

なので、「私はこうして幸せになった」という個々の話を聞くよりも、
「多くの人に幸せをもたらしたこと」を知る方が、偶然や、不完全が排除されているので、
信頼性があり、再現性が高くなります。

  

この「幸せな人生を送る方法」に書かれているのは、
多くの人に幸せをもたらした、効果実証済みの方法のみです。

 

多くの人に幸せをもたらした、不完全が排除されている
再現性の高い方法のみを知ることができます。

 

重要なのは「あなたにも効果のある」再現性の高い方法

多くの人を幸せにしたことは、同じように、他の多くの人を、
そして、もちろんあなたも幸せにすることでしょう。
 

「あること」をして、多くの人が幸せになったという調査結果が多数あれば、
あなたも、「あること」をすれば、幸せになる可能性が極めて高くなります。

 

どんなことが多くの人の幸福度を高めたのか?

 

どうすれば幸せな人生を送れるのか?

 

そして、本当は、幸福とは関係ないものがどんなものかを知れば、
幸せにをもたらすものだけに集中することができます。

 

これを実行すれば、あなたも幸せな人生を送ることができることでしょう。

 

人生を変えることができる

少しだけ考えてみてください。

 

この「幸せな人生を送る方法」は、ほかのどんなものよりも、
あなたの人生を変えるはずです。

 

普通キャリアを変えようとして、その知識を得ようとしたら、数万から何十万円はかかりますよね。

そして、その知識を学んだからと言って、あなたの人生が変わるとも限りません。

 

しかし、この「幸せな人生を送る方法」は、タイトル通り幸せな人生を送るために
必要な知識が得られるので、この知識を活用すれば、一生あなたに幸せをもたらし続けます。

 

その結果、当然、人生が変わってきます。

これはあなたにとってどれくらいの価値があるでしょうか?

 

お客様のご感想

『この本に書いてある、幸せに対する「正しい知識」を身に付けて、
それを実践すれば、誰でも必ず真の幸せが得られると思います!』

岩渕 ゆき 様(50代・女性)


最近、心から楽しい!充実している!
とは感じてない日々を送っているような気がしていました。

不満ではないけど、ただ何となく時が過ぎていく…みたいな、そんな感じです。

そういうこともあり、この「幸せな人生を送る方法」を手に取ってみたのですが、
この本は、私に幸せな人生を送るために本当に大切なことは何か
ということを教えてくれました。

 

私自身、もちろん幸せな人生を送りたいと願っていますが、
実際どのようにすれば良いのかということを、
今まで真剣に考えたことはありませんでした。

 

真の幸せとは何か?

普通はそんなことを考えませんよね。

私も、そんなことは気にせずに過ごしてきました。

 

でも、この本を読んでみて、目からウロコが落ちました。

ピアノの鍵盤を叩いて音を出すことは誰にでもできますが、
音楽に対する知識がないと、
曲が弾けないのと同じように、
人生を送ることは誰にもできますが、幸せな人生を送るためには、

その知識がないとうまくできないのですね。

納得です。

 

この本には、幸せを感じるための具体的な方法や、
幸福な人生を送るための秘訣が書かれています。

 

幸せとは何か?

何が幸福度を高め、何が幸福とは関係ないのか?

どうすれば幸せな人生を作ることができるのか?

 

これらのことが、幸せに対する多くの事例をもとに、
とても分かりやすく書かれています。

 

幸せをもたらすものは、「行動によるもの」と「心の持ち方によるもの」に大別され、
無理なく幸せを得るためには両方とも必要であり、幸せをもたらすものにかける時間や
労力などのリソースを多くしていけば、必ず幸福度は上がると書かれています。

 

私は、この本を読んで、何よりも大切なことは、
「幸せとは与えられるものではなく、自ら創り上げていくものなんだ」
ということを実感しました。

 

行動することの大切さ、そして幸福になりたいと思って、
そのために必要な行動をしなければ、
幸せにはなれないのだと思いました。

 

これからは、幸福になるのを待つのではなく、この本から得た知識、
「幸せをもたらすもの」にもとづき、
自らを幸福な状態に近づけ、
輝きを増す日々を送りたいと思います。

 

「幸せな人生を送る方法」は、自分は幸せではないと感じていたり、
ネガティブな物の見方をしやすい方は、すぐにでも手にしてほしい本です。

 

私は、正しい知識を得れば、誰でも幸せな人生が送ることが
できるのだということを知り、
勇気を与えてもらいました。

 

この本に書いてある、幸せに対する「正しい知識」を得て、
それを実践すれば、誰でも必ず真の幸せが得られると思います。

 


 

これは、まさに「幸せになるための指南書」だ。

誰であろうと、今がどんな状況にあろうと、この本を読めば、
誰でも人生を良い方向に変える方法が見つかるだろう。

僕が自信と安心と、今後どのように人生を送るかの道を
見つけることができたように。

高橋 伸彰 様(50代・男性)


誰もが幸福になりたいと願い、幸福になるために努力をして生きてきたのだと思う。

 

僕も長い年月をかけて、試行錯誤を繰り返してきた。

それでも幸せに満たされた日々を過ごしてきたとは言い難い。

 

幸福になりたいと思い、行動してきたつもりだったが、様々なトラブルから、
不幸に見舞われ、改めて幸せについて考え直している最中だった。

 

生活の立て直しを図る中で、改めて自分にとって大事なものは何なのか、
模索しているところだった。

 

書籍やセミナーから得た知識や、自らの経験からたどり着いた、
「幸せになるためにどうしたらいいか」と言う問いに対する答えは
あいまいなもので、自信を持って突き進むには頼りないものだった。

 

だが、今回、この書籍、「幸せな人生を送る方法」を読んだおかげで、
僕は自信と安心を手に入れることができた。

 

幸せになるためには、どうあるべきか、
どう行動すべきかが、はっきりとわかったからだ。

 

これで、自信を持って正しい方向へと突き進んでいくことができる。

 

自分の意識と行動を確認しながら、時間やエネルギーを使う比重を
変えていくチェックリストとして活用しながら、前に進んでいくつもりだ。

 

この書籍は、幸福になるために必要なこと、不必要なことを明確に分けて文書化し、
さらに必要なことを、心のあり方と、行動によるものに分けて、それらを知識として与えてくれている。

 

もちろんそれらを活用するための具体的な方法の記述もあり、
まさに「幸せになるための指南書」である。

 

この本に書かれていることは、一部の特別な人や、
恵まれた環境や境遇にある人だけが幸せになれるというのではなく、
またそのような特別な人にならないと幸せになれないというものではない。

 

普通の人、ごく一般的な人が、この本に書かれている知識を持って
実践すれば、幸せにたどり着くことができるというものだ。

 

ここに書いてあることを実際に実践した人が、
どのような結果を得られたのかも、研究者からのデータを基に書かれている。

 

幸せになる方法について、よくありがちな、
「こう思うことで、現状を幸せに感じることができるよね」という、
心のあり方、考え方だけを言っているのものとは違う。

研究やデータをベースにしている、論理的で実践的な内容なのである。

 

もちろん、心のあり方は幸せを感じる上で、非常に重要だが、
それだけでは幸せになれない。

 

実際に僕は、そのような内容の書籍やセミナーから
得た知識だけでは幸せになれなかったのだから。

 

その点についてもわかりやすく丁寧に説明されている。
もちろん、心のあり方を良い状態に保つための方法についても言及されている。

 

この本の内容に、自分の人生を照らし合わせることで、
迷いや寄り道することがなくなり、幸せに満たされる時間を多くするために
必要な取捨選択を容易にできるだろう。

 

僕は、幸せになるために何をすればいいか、
そして自分が進んでいく方向がわかった。

その方向へと、これから力強く進んでいこうという気持ちが湧いてきた。

それにより、僕の未来が、今よりもっと幸せで、豊かな時間を
過ごすことができるものに変化することが確信できたのだ。

 

また、幸せになるためにすること、「自分の行動や考え方の取捨選択」ができたことで、
貴重な時間やエネルギーを無駄にすることなく、
集中して有効に活用できることが何より素晴らしいことだと感じている。

 

この「幸せな人生を送る方法」は、幸せになるための指南書であると書いた。

だが、実はその内容は、幸せを求める人だけにとどまらない。

 

例えば、今の自分の境遇に満足がいかず、
ただ闇雲に努力をして人生を変えたいと、もがいている人。

 

お金や地位や名誉などにとらわれて、自分にとって本当の幸せを感じることや
考えることの余裕がなく、がむしゃらに生きている人。

 

そんな人にはぴったりはまるだろうし、人は意識していなくても幸せを
求めて生きているので、誰の人生にも役に立つ、万人向けの内容だと言える。

 

誰であろうと、今がどんな状況にあろうと、この本を読めば、
誰もが人生を良い方向に変える方法が見つかるだろう。

 

僕が、今後どのように人生を送るかの道を見つけ、
どの様に時間やお金を使っていくかを見つけたように。

 


 

人生を幸せに生きたいと考えている人だけではなく、
お金や時間が足りないと思っている人、
これからの人生をどう生きようかと考えている人にもおすすめの本です。

小野 雅子 様 (50代・女性)


先日、大学時代の友人の訃報を受け取りました。

人生80年の時代ですが、人間には、永久の時間が与えられているわけではありません。

その限られた時間を、幸せに生き、天寿を全うしたいもの。

改めてそんなことを考えていたときに出会った本です。

 

この本には「幸せ」になる秘訣、「幸せな人生を送る」秘訣がたくさん書かれています。

 

一般的に考えられている「幸せ」の要因が、必ずしも「幸せ」の要因とはならないことがわかり、
幸せを享受するためには、この先は色々と変えていかなければいけないと思いました。

 

第5章の「お金をどう使えば幸せになれるか」の中に書いてあった、
お金についての考え方は、複雑で先の見えないこれからの時代において、
ますます大事になっていくことだと思いました。

 

なかでも、支出を減らすことの重要性についての考え方、説明はわかりやすく、
お金に対する考え方や、お金の使い方を変えなければならないと思いました。

書いてあったことを、これからすぐに実践していこうと思っています。

 

ここに書いてある方法なら誰にでも、すぐに実践できることだと思いました。

 

人生を幸せに生きたいと考えている人だけではなく、お金や時間が足りないと思っている人、
これからの人生をどう生きようかと考えている人にもおすすめの本です。

 

価格について

幸せな人生を送れることが保証されるなら、何十万、何百万と払っても惜しくはないですよね。

 

幸せな人生が送れる知識が得られるというのなら、それ以上の価値は十分にあります。

 

実際に私は、これまでの人生で、それ以上の額をこの知識を得るために投資してきました。

 

だから、この「幸せな人生を送る方法」は、それなりの価格でもおかしくはありませんよね。

 

しかし、私が「幸せな人生を送る方法」を書いた一番の理由は、
一人でも多くの人を幸せにするためなのです。

 

多くの人に手に取ってもらって、幸せな人生を送るのに役立ててほしいと本気で思っているのです。

 

なので、多くの人に手に取ってもらいやすい価格の4,980円(税込)で販売することにしました。

今だけ!特別価格で入手できます

さらに今なら、リリース期間限定の
特別価格2,980円(税込)
で手に入れることができます。

 

もともとお買い得の価格ですが、ぜひ、リリース期間限定の特別価格中に
「幸せな人生を送る方法」を入手してください。

 

そして、「幸せな人生を送る方法」が多くの人を幸せにするのに役立ったように、
あなたにも役立つのか、ぜひ試してみてください。

 

さあ、どうぞこちらのボタンからお試ししてみてください。

【ご購入はこちらから】

先ほどの大学のクラスメート二人については、冒頭でお話ししましたね。

彼らはともに同じ大学を出て、ともに一生懸命に働いてきました。

しかし、なぜ彼らの人生における「幸福度」は違ってしまったのでしょう?

 

それは、知識です。

 

ピアノの鍵盤を叩いて、音を出すことは誰にでもできますが、音楽に対する知識がないと、
曲を弾くことができないのと同じように、人生を送ることは誰にもできますが、
幸せな人生を送るためには、その知識がないと、うまくいきません。

 

「どうすれば幸せになれるのか」、「何が幸せをもたらさないのか」という知識を持っていたかどうか、
そしてその知識を活用したかどうかが、二人の運命の分かれ道となったのです。

 

幸せな人生への投資

幸せな人生を送るには、正しい知識と、一歩動き出す、ちょっとした勇気が必要です。

チャンスだと思ったら、試してみるというちょっとした勇気です。

 

色々な理由を付けて、結局、何もしないのは楽かもしれませんですが、
それ以上の進歩は望めなくなります。

 

さて、あなたには、その勇気がありますか?

 

答えが「YES」なら、・・・おめでとうございます!

 

そんなあなたなら、幸せな人生を送ることができます!

 

ぜひ「幸せな人生を送る方法」を試してみてください。

【お申込みはこちらから】

 

特定商取引に関する表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加